JR阪和線東岸和田駅近くの矯正歯科
大阪府岸和田市土生町3-15-24 Mフラット1F
ご予約・お問い合わせ:072-436-4182
トップページ
お知らせ
医師の紹介
当院のご案内
交通案内
初診の方へ
採用情報
お問い合わせ

初診の方へ|岸和田市の矯正歯科・小児矯正

コンテンツメニュー

モバイルサイト

トップページ»  初診の方へ

初診の方へ

初めて診療を受ける方へ

当院では、患者様、医師とのコミュニケーションを重視しております。

初診時には、現状に至るまでのお話を伺い、患者様に合わせた診療方針をお伝えし、納得して頂いてから診療に入らせて頂きます。
受診の際に、疑問や不安、または、ご要望がある場合は、遠慮なくおっしゃって下さい。

※現在、他の医院や病院にかかっていて、処方されているお薬がある方は、お持ち下さい。
※矯正治療をしようかどうか迷われている方お気軽にご相談下さい、無料でカウンセリングを行っております。

 

診察対象となる症状

基本的には、「かかりつけ医」として、どの様な症状も診察させて頂きます。

また、必要に応じて、適切な病医院へのご紹介も承ります。

矯正治療Q&A

子供の矯正治療はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?
例えば、あごが小さく永久歯の生え揃うスペースが不足し歯が重なり合ってでこぼこになると予想される場合は、早期治療であごを広げて大きくすることによって永久歯を抜歯することなく治療をすることができます。
矯正治療の期間はどのくらいですか?
【成人(中学生以降)の場合】
程度にもよりますが、歯を動かす動的治療期間は1~2年です。
【お子様(小学生)の場合】
永久歯が生えそろう12歳頃まで診せていただくことになります。例えば、7歳頃から始めると9歳頃まであごを広げたりします。その後11~12歳まで待って永久歯が生え揃ったらワイヤーの装置を数ヵ月間入れて仕上げます。
矯正治療が終了するまでのすべての費用はどの位ですか?
当院の治療料金はトータルフィーとなっており、矯正治療の終了までのすべての治療費が総額で決まっております。
来院時の装置の調整料がかかりませんので、治療期間が予定より長くなっても追加料金はいっさい発生しません。動的治療が終わったら保定装置(リテーナー)といって、動かした歯が後戻りしないような装置(取り外し式)を入れて頂きますがその際にも装置料、調節料、観察料は発生しません。最初に決めた費用以外にはお金がかからないため、安心して治療を受けていただくことができます。
ご相談の際に、消費税を含んだ矯正治療の終了までのすべての費用をご説明させていただきます。
矯正治療中の痛みはどの程度ですか?
痛みの程度は軽く、しかも2~3日間でおさまります。問題になることはほとんどありません。
矯正治療中の痛みには次の2種類があります。
【1.歯に力がかかっていることによる痛み】
歯が少しでも動くと痛みはおさまりますのでご心配ありません。初めて装置を入れた日から2~3日間で痛みはおさまります。
【2.装置が唇や頬の内側の粘膜にあたる接触痛】
初めて装置を入れた日から2~3日間は不快感がありますが、痛みはほとんどありません。ただ、ワイヤーがずれたりして痛みがあるような場合は、来院していただき対処させていただければ痛みはすぐ消失します。
矯正装置によってむし歯にはならないのですか?
矯正治療中は来院時に歯面のクリーニングと歯みがき指導を行います。さらに自宅でも指導に従って歯みがきをしていただきますので、矯正治療中にむし歯になられる方はほとんどおりません。ただ、歯が動くと今まで隠れていたむし歯が発覚することがよくあります。その際はむし歯治療をしていただくことになります。
また、お子様の場合は来院時に歯面のクリーニングに加えてとフッ素塗布をしております。低年齢からフッ素塗布をすることにより、歯そのものが硬くなりむし歯になりにくくなります。
矯正治療中はしゃべりにくいですか?
矯正治療中の発音にはほとんど問題はありません。ただ、歯の裏側に装置をつける場合は装置を入れてから最初の数週間程発音がしにくくなられる方もいます。
何歳まで矯正治療を行うことができますか?
歯周病などの問題がなければ、年齢に制限はありません。
歯周病でも矯正治療はできますか?
まず歯周病を治療していただく必要があります。歯周病が軽度であれば治療は可能です。しかし、中程度以上の場合矯正治療が不可能なことがあります。歯周病がひどいまま矯正治療をすると、歯みがきがしにくいため歯周病は増悪して治療中に動かしている歯が抜けてしまう可能性があります。
先にむし歯治療をしてから矯正治療をしたほうが良いですか?
基本的には先にむし歯治療をしていただきます。しかし、矯正の治療計画によっては歯を抜く場合がありますので、矯正治療をお考えでむし歯があっても痛みなどの症状がなければ先に矯正の相談を受けることをお勧めいたします。
また、現在歯にかぶせてある冠や詰め物は、現在の歯並びに合わせて作られていますので、矯正治療の途中あるいは終了後に作り直さなくていけないこともありますので、まずはご相談下さい。
矯正治療後の後戻りが心配なのですが。
歯を動かした後、歯の周りの骨が固まるまでの間は、歯が動く可能性があります。それを防ぐためにはリテーナー(保定装置)を1~2年間程使って頂く必要があります。リテーナーは取り外し式なのですが、しっかりと使っていただければ後戻りの心配はありません。
学校健診で不正咬合と指摘されたのですが、どうすればいいですか?
近年、学校の歯科検診でも歯並びの診査が加わりました。
不正咬合と指摘された場合は、ご本人あるいはお母様があまり気にならない場合でも、ご相談されることをお勧めします。不正咬合は現時点ではそれ程ひどくなくても、近い将来悪化するという可能性を含めて指摘されている場合もあります。
矯正治療中に引越することになったらどうなるのですか?
その場合は治療を引き継いでいただく医院をご紹介させて頂きます。また、費用に関しましては、矯正治療した分の費用を精算させていただき、差額は返金させて頂きます。

 

守秘義務と個人情報について

当院は、個人情報を正確かつ安全に取り扱い保護することを社会的責務と考え、ドクター、スタッフ共々、下記のことを遵守致します。

<<個人情報の取り扱いについて>>
当院は、患者様からの個人情報の提供が必要な場合には、患者様にその個人情報の利用目的をお知らせし、利用目的について患者様からご同意を頂きます。

<<個人情報を利用する場合>>
当院は、患者様から同意を頂いた利用目的以外での個人情報の利用は致しません。

<<個人情報の第三者への提供について>>
当院は、患者様から同意を頂いた場合、および法令に基づき司法機関、行政機関から法的義務を伴う要請を受けた場合を除き、ご提供いただいた患者様の個人情報を第三者に預託、提供致しません。

<<個人情報に対する安全対策の実施>>
当院は、患者様からお預かりした個人情報を、紛失、破壊、外部への不正な流出、改ざん、不正アクセスから保護するために、クリニック内の個人情報保護に関する教育を徹底し、合理的な安全対策を講じます。

<<個人情報に関する患者様からのお問い合わせ等について>>
当院は、患者様から、当院が管理する患者様ご自身の個人情報について、要請を受けた場合には、患者様の意思を尊重し、合理的な範囲で必要な対応を致します。

 

ページトップへ