JR阪和線東岸和田駅近くの矯正歯科
大阪府岸和田市土生町3-15-24 Mフラット1F
ご予約・お問い合わせ:072-436-4182
トップページ
お知らせ
医師の紹介
当院のご案内
交通案内
初診の方へ
採用情報
お問い合わせ

咬合のタイプ・顔分析|岸和田市の矯正歯科・小児矯正|虫歯・歯周病

コンテンツメニュー

モバイルサイト

トップページ»  咬合のタイプ・顔分析

咬合のタイプ・顔分析

叢生

歯が凸凹になったり、重なり合って並んでいる状態です。
特に上顎の犬歯が外側に飛び出して並んでいる状態が八重歯です。
歯を支えている骨の大きさと歯の大きさのアンバランスによるスペース不足が原因です。
歯ブラシが行き届きにくく、虫歯や歯周病になりやすくなります。八重歯の場合は口を動かす度に唇が八重歯に引っかかることがあります。
スペース不足を解消するために、歯列を大きくする治療法と小臼歯を抜歯する治療法とがあります。

成長期の子供さんでは、上下顎骨の成長を利用して上下歯列を大きくしていきます。


治療例
治療前 叢生 第一期非抜歯 ケース1 治療前 叢生 第一期非抜歯 ケース1 治療前 叢生 第一期非抜歯 ケース1 治療前
治療後 叢生 第一期非抜歯 ケース1 治療後 叢生 第一期非抜歯 ケース1 治療後 叢生 第一期非抜歯 ケース1 治療後

上下顎骨の成長が終わっても、上下歯列をやや大きくして歯並びを治療できる場合があります。


治療例
治療前 叢生 第ニ期非抜歯 ケース2 治療前 叢生 第ニ期非抜歯 ケース2 治療前 叢生 第ニ期非抜歯 ケース2 治療前
治療後 叢生 第ニ期非抜歯 ケース2 治療後 叢生 第ニ期非抜歯 ケース2 治療後 叢生 第ニ期非抜歯 ケース2 治療後

スペース不足の程度が著しい場合は、小臼歯を抜歯して治療します。


治療例
治療前 叢生 第ニ期抜歯 ケース3 治療前 叢生 第ニ期抜歯 ケース3 治療前 叢生 第ニ期抜歯 ケース3 治療前
治療後 叢生 第ニ期抜歯 ケース3 治療後 叢生 第ニ期抜歯 ケース3 治療後 叢生 第ニ期抜歯 ケース3 治療後

 

上顎前突

いわゆる“出っ歯”で上の前歯と上唇が突出した状態です。唇を閉じるのが難しく、転倒時に上顎の前歯に外傷を受けやすくなります。
上顎骨が前に出ていたり、下顎骨が小さく後ろに位置していたり、上下の前歯の傾きに問題があることが原因になります。
子供の頃の指しゃぶりでこの状態になることがあります。また、遺伝による影響もあります。

成長期の子供さんでは、上下顎骨の成長を利用して上顎骨の過剰な前方成長を抑えたり、下顎骨の前方成長を促進して治療します。


治療例
治療前 上顎前突 第一期 ケース1 治療前 上顎前突 第一期 ケース1 治療前 上顎前突 第一期 ケース1 治療前
治療後 上顎前突 第一期 ケース1 治療前後 上顎前突 第一期 ケース1 治療前後 上顎前突 第一期 ケース1 治療前後

上下顎骨の成長がほぼ終了し永久歯列が完成すると、上顎前歯を後ろに引っ込めるスペースがない場合には、小臼歯を抜歯して治療することがあります。


治療例
治療前 上顎前突 第二期 ケース2 治療前 上顎前突 第二期 ケース2 治療前 上顎前突 第二期 ケース2 治療前
治療後 上顎前突 第二期 ケース2 治療後 上顎前突 第二期 ケース2 治療後 上顎前突 第二期 ケース2 治療後

 

下顎前突

下の歯が上の歯より前に出て咬んでいる状態です。発音がしにくく、前歯で食べ物が咬みにくいことがあります。
上顎骨が後ろに位置していたり、下顎骨が前に出ていたり、上下の前歯の傾きに問題があることが原因になります。
舌の位置や動きにくせがあるとこの状態になりやすくなります。また、遺伝による影響もあります。

成長期の子供さんでは、上下顎骨の成長を利用して上顎骨の前方成長を促進したり、下顎骨の過剰な前方成長を抑えたりして、成長期間中の上下顎骨の成長を管理・観察します。


治療例
治療前 上顎前突 第一期 ケース1 治療前 上顎前突 第一期 ケース1 治療前 上顎前突 第一期 ケース1 治療前
治療後 上顎前突 第一期 ケース1 治療前後 上顎前突 第一期 ケース1 治療前後 上顎前突 第一期 ケース1 治療前後

上下顎骨の成長がほぼ終了し永久歯列が完成すると、下顎前歯を後ろに引っ込めるスペースがない場合には、小臼歯を抜歯して治療することがあります。


治療例
治療前 上顎前突 第二期 ケース2 治療前 上顎前突 第二期 ケース2 治療前 上顎前突 第二期 ケース2 治療前
治療後 下顎前突 下顎前突 下顎前突

 

上下顎前突

上下の前歯が前に傾いて、口元が突出した状態です。唇が閉じにくくなります。
成長期では、骨格に問題がある場合には、それを改善します。

上下顎骨の成長がほぼ終了し永久歯列が完成すると、上下顎前歯を後ろに引っ込めるスペースを確保するために、多くの場合小臼歯を抜歯して治療します。


治療例
治療前 上下顎前突 ケース1 治療前 上下顎前突 ケース1 治療前 上下顎前突 ケース1 治療前
治療後 上下顎前突 ケース1 治療後 上下顎前突 ケース1 治療後 上下顎前突 ケース1 治療後

 

開咬

奥歯で噛んでも前歯が噛み合わず隙間のある状態です。
発音がしにくかったり、前歯で食べ物が噛みにくくなります。
舌の位置や動きにくせがあるとこの状態になりやすくなります。

成長期の子供さんでは、舌のくせを解消するためのトレーニング(筋機能療法:MFT)を行いながら、成長期間中の上下顎骨の成長を管理・観察します。


治療例
治療前 上下顎前突 ケース1 治療前 上下顎前突 ケース1 治療前 上下顎前突 ケース1 治療前
治療後 上下顎前突 ケース1 治療後 上下顎前突 ケース1 治療後 上下顎前突 ケース1 治療後
 

上下顎骨の成長がほぼ終了し永久歯列が完成したら、すべての永久歯にブラケットとワイヤーの装置をつけて正しい歯並びに治療します。
舌のくせがある場合には、必要に応じて筋機能療法(MFT)を行います。


治療例
治療前 上下顎前突 ケース1 治療前 上下顎前突 ケース1 治療前 上下顎前突 ケース1 治療前
治療後 上下顎前突 ケース1 治療後 上下顎前突 ケース1 治療後 上下顎前突 ケース1 治療後
顎の骨の大きさに問題がある場合には、口腔外科や形成外科と協力して骨の手術を併用することもあります。

過蓋咬合

下の前歯が上の前歯に深く噛み込みこんで、下の前歯がほとんど見えない状態です。
この状態では下顎の動きが制限されたり、下の前歯が上の前歯に接触して擦り減って歯の寿命が短くなることがあります。
上顎の前歯が下に延び過ぎている場合は、歯ぐきが目立つ場合もあります。

成長期の子供さんでは、骨の大きさに問題がある場合は、上下顎骨の成長を利用して、顎の骨の成長管理を行います。
上下顎骨の成長がほぼ終了し永久歯列が完成したら、ブラケットとワイヤーの装置をつけて正しい歯並びに治療します。


治療例
治療前 過蓋咬合 ケース1 治療前 過蓋咬合 ケース1 治療前 過蓋咬合 ケース1 治療前
治療後 過蓋咬合 ケース1 治療後 過蓋咬合 ケース1 治療後 過蓋咬合 ケース1 治療後

すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の間に隙間があいている状態です。
歯が小さかったり、顎が大きかったり、舌を前に出す癖があったり、舌が大きいことなどが原因となります。

永久歯列が完成したら、ブラケットとワイヤーの装置をつけて隙間を閉じる治療をします。


治療例
治療前 すきっ歯(空隙歯列) ケース1 治療前 すきっ歯(空隙歯列) ケース1 治療前 すきっ歯(空隙歯列) ケース1 治療前
治療後 過蓋咬合 ケース1 治療後 過蓋咬合 ケース1 治療後 過蓋咬合 ケース1 治療後
歯が小さい場合には歯の幅を大きくする治療が必要になる場合があります。

舌のくせや大きさが原因の場合は、治療後に隙間が後戻りしやすいので、
リテーナー装置(後戻り防止のための装置→リテーナー装置)を長期間装着する必要があります。

 

顔分析

さらに、お顔や口もとについて次のことを確認してみて下さい。

・お顔と歯並びを正面から見てください。

顔分析 顔分析

お顔の中心線が上の歯列の中心と下の歯列の中心と一致していますか?
鼻の下からあごの下までが長すぎたり、短すぎたりするなと感じませんか?

・お顔を写真などで横から見てください。

顔分析

唇が鼻の先端とあごの先端を結んだ線(Eラインと言います)よりも極端に突出していたり、内側に位置していませんか?
(唇は通常Eラインに接するかやや内側に位置します)

 

ページトップへ